安全運転、心のこもったサービスはもとより、“快適な旅”のご提案を皆さまへ。

創業以来、多くのお取引先様より厚い信頼をいただき、現在もご利用をいただいております。
観光バス業界も安全管理の重要性が唱えられ、弊社も現在「貸切バス事業者安全性評価認定制度(セーフティ)」取得のため、申請段階に入っております。
安全運行を行い、ご利用者様をより安全に、より快適にお過ごしいただける空間と運行技術をご提供していまいります。

新着情報

2017.03.30
ホームページをリニューアルしました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

貸切・送迎バスをご検討の方へ

大型バス、中型、マイクロバス、ミニバスなどの貸切バスがご利用いただけます。

貸切・送迎バスをご検討の方へ

採用情報

快適なバスライフを通じて、お客様へ旅の楽しさをご提供してほしい。

採用情報

貸切・送迎バスご利用シーン別例

平成29年度「株式会社RV観光」の安全輸送に係わる取り組み等について

当社における、今年度(平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)の「安全輸送」に係わる取り組みについて、
昨年実施した事による効果や反省点をチェックし、改善ポイントを整理した総括の結果に
実施することといたしましたので、ここに公表いたします。

運行上のお願い

  1. 安全確保のため乗務員の職務上及び安全運行上の指示または要請に従っていただきますようご協力をお願いします。
  2. 夜行運転・連続拘束時間が16時間を超える運行については、予備運転士を同乗させます。
    その際は旅客席の内、 運転席側1列目2席は予備運転士席となりますのでご協力ください。
  3. 運行形態が往復夜行や夜行日帰りおよび復路夜行など、運転士2名のときの連続拘束時間が法令で定められた限度20時間を超えるときは、運転士は目的地で8時間以上の仮眠休憩をしなければなりません。運転士仮眠場所として近隣のホテルなどをご手配ください。
  4. 有料道路代、回送有料道路代、航送料、駐車料、乗務員宿泊代(1泊2食)、遠隔地の前泊代・後泊代(1泊2食)、乗務員を先行後行させる交通費などは、お客様の実費ご負担となります。
  5. すべての駐車場ではアイドリングストップになります。乗務員の待機場所につきましてご手配をお願いする場合がありますので、お客様のご理解をお願いいたします。
  6. バスにご乗車の際は、シートベルトの着用にご協力をお願いいたします。

一般社団法人バスユナイテッドセーフティー

ページトップへ