貸切・送迎バスをご検討の方へ

貸切バスとは

日帰り旅行、社員旅行、サークル合宿や冠婚葬祭でのバスの送迎など、
少人数から大人数までの旅行や送迎時に役立つサービスです。

バスの種類もミニバス、中型バス、大型バス、マイクロバスやサロンが付いている
バスなど多種多様で、様々な用途にお応えできるバスがあります。

貸切バスについて

知っておくと見積りも分かり易い、幹事さんの基礎知識です。

貸切バスの貸切時間について

貸切バスのバス料金 = 貸切バスの出発から車庫入りまで

待ち合わせ場所までの回送時間~運転手の休憩時間~お客様下車後の車庫までの時間も含み、バスの出発からバスの車庫入りまでのトータル時間を貸切時間としております。

flow

お客様の乗車場所や下車場所に近いバス会社からバスを借りると、
回送料金を含めバスをお安く借りられます。
また乗車地が複数あると、その分回送・運行料金も掛かりますので、
1カ所~2ヶ所にとどめた方が良いかと思います。

貸切バスの割増料金について

移動距離・時間が長い場合

午後10時~午前5時の間に適用される。
  • スキーやスノボーへ
  • 研修旅行などで朝から活動
◆運転手の交代要員
(乗務距離が600km以上の場合)
◆運転手の仮眠時間
(バスの出庫から帰庫までの
時間が16時間を越える場合)

※運転手の仮眠場所の
お支払もお客様負担に。

貸切バスにもシーズンや曜日があります

曜日やシーズンでも
料金が結構変わってきますので
ご注意ください。
閑散期

1月、2月、3月、
8月後半~9月前半
11月後半~12月中など。

通常期

4月、7月前半、
9月後半~11月前半など。

繁忙期

5月、6月、7月後半、
お盆の時期など。

荷物が多くなる場合も想定を

様々な用途によって、選択する車種も変わってきます。
例えば大きな荷物をみんなが持ってくるスキー・スノボー・アメリカンフットボールチーム、また吹奏楽団などの楽器、合宿や修学旅行なども荷物がかさばるケースがあります。
帰りのバスはお土産などで荷物が多くなることなども想定されるようでしたら、広めのバスでの旅も考慮すると良いでしょう。

大型バスの種類
  • サロンカー

    後部2列の座席が90度回転して、囲みの空間ができるので対面でおしゃべりやカラオケを楽しむことができます。

  • 大型58(ハイデッカーツアー)

    トランクルームの空間、特に上下がとても広いのが特徴です。かさばる大きな荷物を運びたいグループにおすすめ。

利用する車種によって貸切バス料金は異なります

大型バス

大型バス

  • 53人乗り
    (正席45、補助席8)
  • 56人乗り
    (正席49、補助席7)
中型バス

中型バス

  • 27人乗り
マイクロバス

マイクロバス

  • 27人乗り
    (正席21、補助席6)
ミニバス

ミニバス

  • 13人乗り
    (正席12)

豪華サロン付きバス(大型・中型バス)をご検討の方も
ぜひご相談ください。

幹事になったら

大まかなプランを立ててみましょう。

◆日時を決めよう ◆参加者人数は? ◆全体の予算は? ◆旅行先は?

旅行費用の見積もりを

◆交通費全般 ◆宿泊費・宴会費 ◆昼食費・雑費 ◆入園料・拝観料

皆さまのご利用用途に応じて、RV観光がご相談に応じます。
お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ