運輸安全マネジメント

平成30年度 「株式会社RV観光」 の安全輸送に係わる取り組み等について

当社における、今年度(平成30年4月1日から平成31年3月31日まで)の「安全輸送」に係わる取り組みについて、昨年実施した事による効果や反省点をチェックし、改善ポイントを整理した総括の結果に実施することといたしましたので、ここに公表いたします。

はじめに

日頃より当社をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
今般当社はお客様の輸送の安全を第一に考え、法令遵守と輸送の安全性の向上に努めるべく、経営トップから全事務員・乗務員に至まで全社員が一丸となって運輸マネジメントを導入・実施する運びとなりました。
全社員が『お客様の安全確保を何よりも優先して考え、行動する』という意味をしっかり持って取り組んでまいりますので、今後も引き続きご愛顧賜りますようよろしくお願い申し上げます。以下の項目を尊守することを誓います。

  • 輸送の安全の確保に関する最終的な責任を有します。
  • 輸送の安全の確保に関し、予算の確保、体制の構築等必要な措置を講じます。
  • 輸送の安全に関するPDCAのサイクル(計画の作成、実行、チェック、改善)により継続的に輸送の安全性の向上を図ること等、輸送の安全を確保するための業務の実地及び管理の状況が適切かどうかを常に確認し、必要な改善を行います。

当社の基本方針

『お客様の安全確保を何よりも優先して考え、行動する』

当社の取り組み

  • 全社員が「輸送の安全の確保が最も重要である」との意識を徹底させた上で仕事に取り組む。
  • 全社員が出勤点呼時に機械によるアルコールチェックを受け、飲酒運転を撲滅する。
  • 全車両にドライブレコーダーを設置して乗務員に防衛運転を促すと共に、事故やトラブルの究明が容易になることで運行管理者の業務の効率化を図る。
  • 全乗務員は定期的に独立行政法人・自動車事故対策機構主催の適正診断を受け、自分の性格や動作の判断力を認識して安全運転の向上に努める。
  • 運行管理者及び補助者は各種団体の主催する輸送安全に関する講習に積極的に参加し、常に安全確保に関する最新の情報の入手に勤める。

輸送の安全に関する目標の設定

乗務員目標

  • 死亡事故・重大事故 0件
  • 物損事故(軽微なものを含む) 0件
  • 車内事故 0件
  • 前年度物損事故惹起者 0名
  • 車外事故 0件
  • ヒヤリハット情報の提供
対策
  • 乗務前日は極力睡眠をよく取る
  • 乗務中は譲り合いの気持ちを持って、決してイライラしない
  • 車間距離をしっかり取ってスピードを出し過ぎない
  • 急発進・急ブレーキ・急ハンドルを行わない
  • 駐車場等バックする際は人や物が何かしら存在するものだと認識した上で、より慎重に運転する
  • 毎日運行前・運行後の車両点検を確実に行う

事務員目標

  • 異常気象、道路状況悪化による運行トラブルの発生 0件
  • 運行指示不足による運行トラブル 0件
  • ヒヤリハット情報の収集
  • 運行前点検不備による運行トラブル
  • 出勤時のアルコールチェックによる飲酒判明
対策
  • 整備管理者が主体となって、定期点検や日常の点検を徹底して行う
  • 車両故障が生じた場合は、その原因を突き止め、同じ箇所の故障トラブルを防ぐ
  • 常に天候状態・路面状態・経路の状況を把握し、例えば降雪時には早めにタイヤチェーン装着を乗務員に指示するなど迅速・的確な判断をする
  • 日頃から乗務員とよくコミュニケーションを取り、乗務員が情報提供しやすい雰囲気作りに努める
  • 緊急事態発生時には乗務員全員が協力して関係各所へ的確かつ速やかに連絡し、指示を受け、その旨を速やかに乗務員に伝える
  • 日々の業務においてクライアントと密に連絡を取り合い、乗務員が確実に運行を遂行できるよう的確にフォローする
  • 役員および運行管理者、補助者自ら飲酒に対して強い意識を持ち、乗務員の模範となるべく日々率先してアルコールチェックを受ける
  • ヒヤリハット情報をもとにハザードマップを作成し、乗務員にフィードバックを行い事故防止に勤める

過去3年間の実績

平成27年度 死亡事故・重大事故  0件 物損事故(軽微なものを含む)  0件
平成28年度 死亡事故・重大事故  0件 物損事故(軽微なものを含む)  0件
平成29年度 死亡事故・重大事故  0件 物損事故(軽微なものを含む)  0件

一般貸切旅客自動車運送事業標準運送約款

運輸安全マネジメントによる安全に関する基本方針と取組みについて

公示・当社運賃について

安全情報

ページトップへ